奥多摩の方へ

21、22と旦那さんと一緒に秋の旅行に行っておりました。


「今の時期美味しいお酒を頂きに、新潟行くのもええな~」

『日光もいいよ。日光。』

「いつか加賀も一度行ってみたいんよね~。

毬さんとか、指貫とかお細工物色々見て回りたいな~ラブラブ

とか言ってたら、旦那さんが仕事帰りに山のようなパンフ貰って来たり。


二人とも温泉好きなので、年2回は温泉行きたい。

夏前は避暑を兼ねて山場へ。

秋は美味しい物を食べて、ちょっとリッチに遠出

だったんですが、

パンフ見つつ、お値段とにらめっこした後、


「今年の秋の温泉は、近場でチープに参りましょう(きっぱり)」

『え。・・・えーーー汗

ってことで奥多摩の方になりました。

だって、奥多摩だったら片道1000円ちょっとで行けるし。

我が家に今そんな余裕ナッシングですわよ。

お正月帰省でまたお金かかるしね。



孔雀のお着物製作日記


実際に行ったのは奥多摩の少し手前、青梅と沢井。

時期的にもみじが綺麗かなーと思ってたんですが、

直前にまた少し暖かくなったりで、思ったほど紅葉はしてなかった。

旅館の仲居さんにお伺いしたら、どうやら山は殆どが杉らしく、

ピークでもこんなもんですよ。とな。

そっかー、ちょっと残念。


孔雀のお着物製作日記
東京の東から西の端っこまで移動しただけですが、

途中からここって東京?!って感じの山の中。

電車も30分に1本。

旅館に向かうバスは1時間に1本。

大都会に住んでる訳じゃないけど、

都会の喧騒から抜け出すにはいい場所かもしれない。

私も基本、田舎育ちの田舎もん。

がやがやした所より静かな山の中が落ち着く~

いやー、東京で無人駅に遭遇するとは思わなかった。



孔雀のお着物製作日記


旅行に行ったらお宿の周辺観光するのも楽しみの一つ。

沢井にある小澤酒造(澤乃井)さんの酒蔵にお邪魔して、

利き酒や甘酒を頂きました。

思ったより凄い人でびっくり。

写真は甘酒。

お母さんが作ってくれる甘酒飲んでるみたいで

美味しかったですわー。

嗅いだ事のない匂いにダッフィーぬいばちゃんがクンクンしてます(笑)



孔雀のお着物製作日記


日本酒も楽しみでしたが、近くの「櫛かんざし美術館」がメイン。

江戸時代から昭和までの櫛やかんざし、

矢立等が300点程展示されてる美術館です。

川にかかった橋を超えて行ったら凄い坂道あせる

しかも枯れ葉の絨毯。

綺麗やけど、滑る~~~(滝汗)



美術館の中にはお宝がいっぱい。

うはうは言いながらガラスケースに張り付いて

いろんな角度から眺めたり・・・

傍から見たら変な人ですwww

現代には無い、手の込んだ遊び心いっぱいの作品がいっぱいでした。

不景気になる前は面白い物いっぱいあったんだけど

最近は実用と需要重視で、とんとお見かけしませんね。


二分の一サイズの日本髪の見本とかもあって、更にうはうは。

「Yさん。コレ欲しい」

『フェニちゃんらには大きすぎるやろ』

「でも欲しい。使えんでも飾っとくだけで可愛いやーん♪」

と旦那さんにわがまま言ってみたりwwwww

日本髪の本(大体白黒)とかはあるけど、本だと細部がわからないのよね。

幼SDサイズ位の小さいのでいいから欲しいなー。


入り口付近で日本髪の結い方のビデオが流れてたので

二人で食い入るように見てました。


海亀とべっ甲が展示されてて

『べっ甲って亀なんや!(びっくり)』

「そらそうやん。べっ甲やもん」

『べっ甲の斑点は甲羅の模様やったんやねー(関心)』

「うん、そうそう。」

『・・・・・・・・・・・・・』

「・・・・・はっっ(やば)

 ・・・あ、でもほら、お腹の方とか、甲羅の端っこの方も使うんやねーあせる(フォローのつもり)」

『・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・』

淡々と答えてたら拗ねられたあせる

いやー。べっ甲が亀の甲羅だなんて、皆知ってると思ってたんだもん


所蔵されてる櫛やかんざしの写真集があったので

帰り際、迷わずゲット。

かんざしは見る分にはビラ簪が好きさー。

じゃらじゃら系は実際指すと、結い上げた髪に絡まって大変なんだけどね。


また帰りも坂でつるつる滑りながらお笑いコントしつつ帰宅。

滑る坂は登りより、下りの方が怖い(汗)



スポンサーサイト

インパ

11、12とTDL,TDSにインパしてきました。

みぅたん連れて里帰りです。

SDで言えばSD連れて里行くようなもん?


ちなみに今回は関西から姉夫婦&甥っ子二人が

TDL目当てに遊びに来るのでそのお供でのインパ。

甥っ子達は5歳と2歳でまだまだ小さく、

思う様に回れないだろうし、パレードの時間チェックしたり、

場所取りしたり、荷物持ちしたり、

アトラクションの列待ちとかのサポートがメインで

姉一家が楽しんで貰えればOKって事で。

バスで30分で行ける距離に住んでるんだから

クリスマス堪能したければまた行けばいいのよ。


でもねー、どうせ行くならクリスマスダッフィーグッズ欲しいのよー!

Mサイズダッフィーとシェリーメイとぬいばが欲しいのよー!!

って事でお昼のパレードが終った後、一瞬離脱してグッズ買いに走ったりしてました(笑)


孔雀のお着物製作日記


シンデレラ城の前でぱちり。

基本雨女なんですが、2日共晴れて良かった(ほっ)

逆光で上手く撮れず。

平日なので、クリスマスイベントやってる割に人少なめ。

でもきっと土日は凄い人やろね。


お着物ダッフィーは珍しかったらしく、

いろんな方に声掛けて頂きましたラブラブ

可愛い可愛い言われて、みぅたんも始終ご機嫌でしたわ。


お正月?あ。七五三かー


って高確率で言われたし、

頑張ってお被布仕上げといて良かった。

お正月じゃなくてもウチの子達は基本お着物なんですけどね、

一般的にお着物=お正月みたい。


孔雀のお着物製作日記

「あ、こんな所に小熊が・・・」

「いやーーーーん(T-T)」

と、ナカーマ(?)にさらわれて見たりwww

色々撮影したかったけど、そんな余裕ナッシング。



孔雀のお着物製作日記

姉がパレードビデオ撮影したいってので、

がんばって最前列確保。

パレード場所取りしてるからアトラクション乗っておいでーと送り出したりしてました。



夜のパレードも1時間以上前にシンデレラ城前へ向かったら

すでに人で埋め尽くされてて焦る

シンデレラ城前は諦めてトゥモローランドへダッシュ。

無事最前列ゲット。

姉に事前にレジャーシートと、毛布かひざ掛け持って来てとは伝えてたけど、

大人が一人座れるサイズの小さいレジャーシート2枚

辛うじて膝の上乗るサイズのひざ掛けだけ・・・

こんなんで足りるかーい!

あの二人、夜のパレード待ちナメてるな(苦笑)

と思いつつ、そんなこともあろうかと

重くて邪魔だったけど、大人3人座れるサイズのレジャーシートと

薄手だけど大判の毛布持って行っといて良かったよ。

レジャーシートの上に持って行ってた毛布敷いて、地面からの冷気もシャットアウト。

結構コンクリートからの冷気で体の芯まで冷えるんですよねあせる

まだ11月だし、パレードの間風も止んでて助かった~





孔雀のお着物製作日記

こちらはTDSのおじさん家店内のダッフィーまみれのツリー

可愛すぎる~~~

と、メロメロしてました。

本当はこの前にみぅたんお座りさせて撮影したかったけど

ツリー撮影されてる方沢山居たので断念。

孔雀のお着物製作日記

外に回ってこっそり撮影。

やっぱり中で撮影したかったな汗

Mサイズのダッフィー、シェリーメイ、ぬいば、ポーチなどなど、

お昼過ぎなせいか、店内比較的空いてたからじっくりお顔選んでお迎え。

おばさん家も行きたかった、きっとディスプレイ可愛かったんだろうな、

でもそんな余裕(以下略)



孔雀のお着物製作日記

帰ってから作業部屋のミシン前にワイヤーネット設置。

早速ぬいば達を飾ってみる。

ああ、やっぱり可愛い(めろめろ)

カバンに着けたいってのもあったけど、

これもやりたかったんですよね。


孔雀のお着物製作日記

ワイヤーネットはこのサイズ(縦70cm)

ええ、当然埋め尽くす気満々ですわよ♪

仮にこれが一杯になってもだいじょーぶ。

同じサイズのワイヤーネット、もう1枚あるからwwwww


13日は舞浜まで姉達を迎えに行って、

東京駅まで送って行ってお別れ。

楽しんで貰えた様でよかったよかった。



ダッフィー用お被布

作業の合間にダッフィー用のお被布の試作製作。


ちなみにみぅたんが着てるお振袖は

沫夢の4と同じ生地ですが、

随分前(確か今年の初め頃?)に作った試作。

普段着せてる分には全然平気だけど

こうやって写真取ると、今のと比べて

おくみ幅も狭いし、襟元変なシワ出てるし

修正点が目に付いていやだなぁ


孔雀のお着物製作日記


ま、それはともかく、

作り方は頭に入ってるし、SD用のお被布と同じデザインでいいや~と、

ぶっつけ本番で たらら~ん♪と機嫌よく縫ってたら

身幅ちょっと広くしすぎたみたい。

脇部分で少し調節したけど

それでもおなか周りがあまり気味・・・orz

もうちょっと襟短くして、縦襟ももう少し長くした方が綺麗かも。

修正しつつ、後3着位作ればなんとか形になりそうですが、

まだまだですねぇ(苦笑)


お正月用?

孔雀のお着物製作日記

Mサイズダッフィー用お振袖4着目は赤地に手まり柄。

時期的にお正月用かな?という事で

華やかに仕上げてみました。


孔雀のお着物製作日記

今まで帯締めは江戸打紐使用でしたが、

今回から丸ぐけに・・・

正絹と違ってポリちりめんで作ったので

縫った後ひっくり返すのが大変っあせる

でも丸ぐけが好きなんですけどね。


孔雀のお着物製作日記


つまみ細工にはピンクの房が2本。

ゆらゆら揺れて可愛いです。


孔雀のお着物製作日記

お草履はピンクの桜柄。

綿のお草履ですが可愛いです♪


今回はヤフオク用ではなく、呉服店 にUPしてみました。

このお草履が1足しか無いので1着のみ。

着物地はまだあるので量産できますが、

次回からはお草履変更になります。


3着目はピンク

ダッフィー振袖3着目「沫夢の3」は、1着目「沫夢の1の色違い。


孔雀のお着物製作日記

帯に使えそうな布を色々合わせてみたけどピンと来ず、

散々悩みまくっていつもより時間が掛かってしまいましたが

なんとか完成。


孔雀のお着物製作日記


この日の前夜、作業部屋に放置したまま寝たのがマズかったのか

作業作業で構ってもらえず拗ねたのか、

なんかみぅたんご機嫌斜め(苦笑)

全然にっこりしてくれず、ふてくされ顔です。

相変わらず撮影ヘタですが、

実物のお着物はもっと可愛いんですよあせる


孔雀のお着物製作日記


4着目のお着物は赤の手まり柄を製作中です。

ダッフィー用着物は今の所ヤフオクがメインですが

赤の手まり柄は生地が沢山あるので、次はサイト販売予定です。


生地は沢山あるんですが、手持ちのお草履が少ないので

京屋さんにお願いしてるお草履が届くのを待ってる状態。

お草履が届き次第、「沫夢の1」「沫夢の3」「沫夢の4」を呉服店で販売します。


プロフィール

孔雀

Author:孔雀
聖魔離宮、呉服店担当の孔雀です。
主にイベント新作お知らせです。

◆聖魔離宮
http://seima.lolipop.jp/

◆聖魔離宮・呉服店
http://seima1.cart.fc2.com/

最新記事
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR